TOPbeautyletter > 秋の美肌対策に栗がおすすめ

秋の美肌対策に栗がおすすめ

9月も中旬を過ぎて、本格的な秋がやってきました。

七十二候では玄鳥去(つばめさる)と言い、渡り鳥であるツバメが夏の終わりとともに子育てを終え、暖かい南へと帰っていく季節です。

この時期は気温の急激な変化が起こり、空気の乾燥も激しくなります。

すると肌にも負担がかかり、カサカサして艶が無く、さらにシワ・シミ・たるみが目立つようになってしまいます。


そんなお疲れ肌の救世主となるのが9月に旬を迎える「栗」です。

上品な味わいで、食卓にもスイーツにも使える老若男女に人気の高い栗は、モンブラン、マロンタルト、栗ご飯など秋になると食べたくなるものがたくさんありますが、栗は少量で豊富な栄養を摂取することができる上に、脂質が少なくてヘルシーな食材です。

若々しく健康的な肌を目指すために、9月に旬を迎える栗の美容効果を活用しましょう。

 

栗から摂れる栄養と美容効果


栗には、ビタミンB1が豊富に含まれています。

ビタミンB1が不足していると疲れやすくなり、肌のくすみが気になるようになります。

ビタミンB1は、肌の代謝を促しターンオーバーを活性化するので、美肌を保つためには欠かせない栄養素のひとつです。


さらに、美肌に有効な栄養素としてビタミンCがあります。

ビタミンCは、肌の潤いを保つコラーゲンの生成を助けるのでコラーゲンと共に摂取すると効果的です。

また、細胞の劣化や肌の老化を防ぎ、若々しい肌を保つ働きをしてくれるのもビタミンCです。

ビタミンCが足りなくなると、肌の老化が進みシワやたるみの原因にもなりますが、栗にはそんな美容効果たっぷりのビタミンCも豊富に含まれています。

しかもでんぷん質に包まれているので、加熱してもビタミンCが壊れにくく、効率よく摂取できるところも魅力です。


また、美肌の大敵である便秘の予防に効果的な、食物繊維を摂ることもできます。

食物繊維は、腸内環境を整えて便通を良くし、体の内側からきれいになるために重要な栄養素です。肌は腸内の健康状態を表すバロメーターとも言われ、美肌と腸は切っても切れない関係にあります。

 

栗のおいしい食べ方


栗本来の味を簡単に楽しみたい場合は、茹で栗がおすすめです。

皮ごと茹でて、包丁でふたつに割り、スプーンですくって食べるのが簡単でおやつなどに最適です。

茹で栗を活用すれば、ケーキにアレンジすることもできます。皮を処理して販売されている栗もあるので、それを活用するのも一つの方法です。

量が多く、食べきれない時には冷凍保存も可能ですので、栗は毎日気軽に食べられる栄養満点の秋の食材だと言えます。

 

当サロンでは、皆様のお肌の悩みを改善するお手伝いもしております。お気軽にご相談ください。

pagetop

電話予約はこちら WEB予約はこちら